風俗の求人はほんと?風俗の職種から失敗しないお店選びの方法

風俗

風俗で働くきっかけは、生活、貯金、留学、旅行、洋服、などなど人によって様々だと思います。

何かがきっかけでお金がほしいからこそ、風俗で働くという選択を取る女性も多くいます。

風俗で働くとき、皆さんはどうゆう基準でお店を選んで応募しますか?

街中でスカウトマンに声を掛けられた方は、スカウトがお店の条件などいろいろ教えてくれます。

しかしスカウトマンではなくご自身で求人媒体を見て、応募する場合はどうでしょう?

日給10円保証!、入店祝い金5万円!など求人には良いことばかり書いてありますが、いざ面接にいってみると求人に書いてあることと全く違ったという経験をした方もいるのではないでしょうか?

今回は風俗で働くのを考えている方向けに失敗しないお店選びの方法をご紹介させていただきます。

失敗しないためにまずは職種を決める

仕事・職種をまずは決める

風俗で働こうと考えて、色々ネットで調べてみるとお店もいっぱいあるし、職種もいっぱいあって迷いますよね。
風俗でも職種によってプレイ内容は変わってきます。お店選びの基準の一つとして、自分ができるプレイ内容で職種を決めるのがいいでしょう。

また風俗でもサービス内容がハードな職種のほうが稼げる金額は基本的に高く、サービス内容がソフトな職種ほど風俗の中でも稼ぐ金額は少ないです。

風俗の種類、職種について

風俗といえば、セクキャバ(おっパブ)、ピンサロ、デリヘル、ソープなどが有名かと思います。

次に風俗の職種、種類やサービス内容について説明させていただきます。

・店舗型ヘルス(箱ヘル)
・ホテヘル
・デリヘル
・ソープ
・風俗エステ(回春エステ、性感エステ)
・ピンサロ
・オナクラ
・イメクラ
・SMクラブ
・M性感
・いちゃキャバ
・セクキャバ(おっパブ)

 

店舗型ヘルス(箱ヘル)のサービス内容

店舗型ヘルスはファッションヘルスや箱ヘルとも呼ばれています。ヘルスのサービス内容は、キス、フェラ、素股などの擬似セックス、恋人プレイが基本的なプレイになります。
お店の中にプレイルームが数部屋から多いところで10部屋以上あり、その中で接客をする形になります。

ホテヘルのサービス内容

ホテヘルのサービス内容も、キス、フェラ、素股などの擬似セックス、恋人プレイが基本となります。箱ヘルとの違いは、受付所があり、お店の付近のラブホテルやレンタルルームなどでの接客になります。
お店の付近の移動しかないため、デリヘルと比べて移動時間が少ないので回転重視になります。

デリヘルのサービス内容

デリヘルのサービス内容もヘルスと同様になります。違う点として、お店の送迎者でお客さんのいるホテルや自宅に伺う形になります。
また箱ヘル、ホテヘルと比べてデリヘルのほうが給与が一般的に高いです。
ヘルスで単価重視の方はおすすめです。

ソープのサービス内容

ソープランドは格安、大衆、高級とソープの中でも3つの分類があります。
その中でサービスも多少変わってきますが、サービス内容は最後までで全てありになります。
また格安店などはないですが高級店などではマットプレイなどもついてきます。
またソープランドでは容姿だけでなく接客のスキルも非常に重要になってきます。

風俗エステ(回春エステ、性感エステ)のサービス内容

お店によってサービス内容は異なってきますが、キスやフェラなどはなしで、エステ、マッサージ、手コキによる抜きのサービスが多いです。
また女の子は下着姿もしくは上半身裸での接客のお店が多く、男性からのお触りはNGなどのお店もあります。

ピンサロのサービス内容

ピンサロはプレイルームなどではなく仕切りが区切られたブースにソファーがありそこで接客になります。サービスはフェラやキスがメインになります。また給与が安い、衛生面のリスクなど風俗の中ではオススメ度の低いジャンルになります。

オナクラのサービス内容

オナクラは男性のオナニーのお手伝いをしてあげるお店になります。サービス内容としては、お客さんのオナニー観賞や手コキをしたりなど、風俗の中ではサービス内容は軽いものになります。
そのため、お客さんの支払う料金も安く20分3000円程度で女の子の給与も安いのが特徴です。

イメクラのサービス内容

イメクラはイメージプレイを楽しむ風俗になります。サービス内容はヘルスと同じで、イメクラ型のホテヘルやデリヘルなどがあります。
お店によってコンセプトなどは違いますが、痴漢・逆痴漢・夜這い・逆夜這い・恋人・学校などイメージプレイのシチュエーションは様々になります。

SMクラブのサービス内容

SMクラブは、特殊な風俗になりヘルスより料金は高めが多いです。
サービス内容として、お店によってソフトなものからハードなもの、そしてSとMに分かれます。
ロウソク責め、ムチ打ち、縄縛り、コスチュームプレイ、言葉責めなど様々なオプションがあります。

M性感のサービス内容

M性感は女性が責めで男性が受けの風俗です。サービスの内容は手コキや前立腺マッサージがメインの少し変わった風俗になります。特殊な風俗になるので料金はデリヘルと同じくらいで少し高めのところが多いです。

いちゃキャバのサービス内容

いちゃキャバのサービス内容は、キャバクラに近い内容になります。
キャバクラのようにお酒を飲みながらお話をするの変わりません。
キャバクラと違う内容として、キャバクラは男性がキャバ嬢へのお触りは禁止ですが、いちゃキャバは恋人のように服の上からボディータッチができたり、店によっては軽いキスがあったりします。

セクキャバ(おっパブ)のサービス内容

セクキャバはイメージとして、いちゃキャバよりサービス内容がハードになります。いちゃキャバ同様にお酒を飲みながら話をするのは変わりませんが、会話よりサービスのほうがメインになります。
サービス内容としてお客さんはディープキスや、おっぱいを吸ったり触ったりすることができます。

風俗求人の内容は嘘が多い!

求人は嘘

風俗の求人には良い事ばかり書いてあります。だけどそれはほとんど嘘だと思ったほうが良いです。

どうしてそんな良いことばかり書いてあるのでしょうか?理由は簡単です!

言いことばかり書いたほうが求人からの応募が増えるからです!また他のお店も盛って書いているので、真似してうちも盛って書いておこう!っていうように、風俗業界では多く求人が来るようにわざと盛って書くのが当たり前の業界です。

どうやってお店を選べばいいの?

どうやってお店を選べばいいの?

嘘の情報ばかりで何を信じて、どうやってお店を選べばいいのかわからないって思った方もいるかと思います。
次に求人の内容に惑わされないでお店を選ぶポイントについてご紹介させていただきます。

求人ページではなくて営業用広告、お店のHPを見る!

求人サイトやお店の求人ページを見て判断するのではなく、まず風俗なら「シティーヘブン」、「デリヘルタウン」、「デリヘルじゃぱん」などの男性営業用広告を見たほうが良いです!

また高級店などで探されている方は「高級デリヘルTOP10」や「高級デリヘル.jp」などを見るのが良いでしょう。

ではどのように見て判断するのかというと、まずはポイントは以下の3つです!

ポイント!
・複数の広告サイトを見て、上位表示がされている
・お客さんの支払う料金、システムをみる
・お店の出勤人数、在籍人数、新着NEWSをみる

複数の広告サイトを見て、上位表示がされている

1つではなく複数の広告サイトで上位表示されているのが大事です!

「シティーヘブン」をはじめ風俗系のサイトはいわゆる広告媒体と呼ばれており、広告料を多く支払ったお店が上位に表示される仕組みになっています。

つまり上位に表示されているお店は広告に多くお金を支払える資金力があり、サイトでも上位に表示されているので男性の目にも止まりやすく集客力もあるお店が多いです。

上位表示=お店の資金力=集客力

もちろん例外もありますが、基本複数のサイトで上位表示されているかは大事になってきます。

お客さんの支払う料金、システムをみる

お店のHPを見てお客さんが支払う男性料金を見てください!
お客さんの支払う料金が高ければ高いほど、女性の給与も高いです!

デリヘルなどの風俗の女子給の相場は、お客さんの支払う料金の50%前後が女性の給与が多いです。
これもお店によって例外もありますが、基本は50%前後が多いです。
※あくまでも相場で格安店などはコース料金の60%などのバックもあたり、その逆で店によっては40%のところもあります。

いちゃキャバ、セクキャバは時給+指名バック、ドリンクバックなどがあります。

お店の出勤人数、在籍人数、新着NEWSをみる

こちらはどれだけお店のHPが更新されているかなどの頻度をチェックしたほうがいいです。
お店のスタッフがちゃんとした運営を行っているかを判断するためです。

毎日の新着NEWSなどの更新は行っているかはマストで重要です!

また1日の出勤人数が少ないお店は、お客さん視点に立ったときに遊べる女の子が少ないから別のお店を選ぼうってなってしまい、離れるリスクが高いです。

なので1日の出勤人数が多い店のほうがお客さんは入ってる可能性が高いです。
しかし、お店によっては嘘の出勤情報などを上げて、集客を取ろうとするお店もあったりするので、そういったのを判断するためには「写メ日記」などをチャックして同じ写真をあげてないかなどを見てステマじゃないか判断したほうがいいです。

正確な情報はどうやって知ればいいの?

お店によって採用基準(年齢や容姿)、給与などの条件、コンセプト、プレイ内容は全然違います。

面接に行く前にある程度、情報は知りたいという方が多くいると思いますが、残念ながら正確な情報はあまり出てない場合が多いです。

なので気になったお店を選んだら、とりあえず面接を受けてみるのが一番てっとり早くていい方法だといえるでしょう。

面接を受けて、採用の合否、給与の条件、プレイ内容など一通り説明を受けて思っていたのと違うと思ったら一旦保留にして別のお店を受けてみるのがいいかと思います。

まとめ

失敗しない風俗のお店選び

今回は風俗で失敗しないお店選びをするための方法やポイントについてまとめさせていただきました。
まずは自分がどこまでできるかなどによってお店のジャンルや職種を考えてからお店を選ぶのが大事です!
風俗未経験の方でよくある失敗例で、サービス内容を勘違いしてお店に面接を受けにいく女性も多くいるそうです。
そうならない為に事前のリサーチなどをしてから面接の申し込みをするのが無難かと思います!
少しでもこの内容が、これから風俗で働こうと考えている方へ参考になれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました